© ブランド腕時計新作情報サイト【Watch Journal.net】 All rights reserved.

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW5007

IWC:ポルトギーゼ オートマチック 7デイズ IW5007【ジュネーブサロン2015新作腕時計】


今年のSIHHにおいて、IWCはポルトギーゼの刷新を発表。

やはり注目は、新開発の年次カレンダーや永久カレンダークロノグラフなどの「新しさ」が分かりやすいモデルに集中していた感がありますが、すっかりそんな熱も冷めたであろうこのタイミングで、新キャリバーを搭載して生まれ変わったポルトギーゼ7デイズオートマチックについて、改めて触れてみたいと思います。

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW5007

その外観は、前作となんら変わることなく、高精度の懐中時計用ムーブメントを搭載したオリジナルモデル譲りのボリューム感あふれるケース、文字盤の最外周にはレイルウエイ・ミニッツトラック、丁寧に植字されたアラビック・アワーマーカー、9時位置にはレイルウエイ・トラックを持つスモールセコンド、3時位置にはロングパワーリザーブを示すパワーリザーブ表示、6時位置にはデイト表示。

そしてセンターに取り付けられた長短針はあくまで細く、鋭く、各インデックスと最良のバランスで重なり合い、すばらしい視認性を発揮するとともに、広い文字盤上を正確にスイープしていく様は、実にエレガントです。

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW5007

またより手首にフィットするよう、ラグの形状に少々の変化が見られる点も、いかにもIWCらしく、好感が持てます。

ポルトギーゼ・オートマチックは、時計としての本質的作りの良さを実感していただける、いかにもIWCらしい傑作として、それだけでも十分すぎるほどの価値があると言えるでしょう。

キャリバー 52010

そして今回の新作のハイライトであるキャリバー52010。

ペラトン式自動巻の特徴的なローター軸受けや巻き上げ爪、巻き上げ車などが摩耗しにくいブラックのセラミックパーツとなり、耐久性が向上。
ローター芯はペラトン式自動巻の弱点と言われていただけに、大きな改良と言えるでしょう。

そしてムーブメントの約半分を覆うローターのスポーク部がより細くなり、同社の自動巻ムーブメントの伝統的なサーキュラーグレインや各種機構がよりはっきりと観察できるようになったのも、ファン思いの改良と言えるでしょう。

また香箱を1つから2つへ増やし、振動数を21,600振動/時から28,800振動/時にアップ、さらにテンプを小径化している点も非常に興味深いと言えるでしょう。
引き続きフリースプラングやブレゲヒゲを採用しており、恐らくは精度も向上していると思われます。

初登場からすでに15年が経過し、いまやすっかりIWCを代表するアイコンのひとつとなったポルトギーゼ・オートマチック。

こうしてまた一歩、理想的なタイムピースに近づいたことを、素直に歓迎したいと思います。


IWC:ポルトギーゼ オートマチック 7デイズ IW5007(IWC Portugieser Automatic IW5007)仕様


IW500701

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500701 フロントIWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500701 バック

レッドゴールドケース、シルバーダイアル


IW500702

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500702

レッドゴールドケース、スレートカラーダイアル


IW500703

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500703 フロントIWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500703 バック

ステンレススチールケース、ブラックダイアル


IW500704

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500704

ステンレススチールケース、シルバーダイアル、ピンクゴールドの針とアワーマーカー


IW500705

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW500705

ステンレススチールケース、シルバーダイアル、ブルースチールの針とアワーマーカー


以下5機種共通

  • ケース径:42.3mm
  • ケース厚:14.5mm
  • 両面無反射加工のドーム型サファイアクリスタル風防
  • サファイアクリスタル製トランスパレント・ケースバック
  • 3気圧防水
  • インハウスムーブメント キャリバー52010 搭載
  • 28,800振動/時
  • ペラトン式自動巻
  • パワーリザーブ:7日間
価格
スチールモデル:145万円(税抜き)
レッドゴールドモデル:269万5千円(税抜き)

キャリバー 52010


仕様、画像は公式サイトより引用。
IWC ポルトギーゼ・オートマティック IW5007

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション イメージ

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション【2016新作腕時計】

1952年の初登場以来、ブライトリングの最も象徴的な存在として、世界中の時計ファンを魅了し続ける名機、ナビタイマー。 そんなナ…

シチズン:エコ・ドライブ ワン 限定モデル Ref. AR5014-04E イメージ

シチズン:エコ・ドライブ ワン【バーゼルワールド2016新作腕時計】

言わずと知れたシチズンの光発電クォーツ時計、エコ・ドライブ。 それは1973年の第一次オイルショック後、新しいエネルギー源の開…

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001【2016新作腕時計】

現代のオメガを代表するダイバーウォッチ、プラネットオーシャン。 今年のバーゼルワールドにて、マスタークロノメーターにグレードア…

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ・エクセレンス Ref. 1-36-01-01-02-01 デザイン

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ エクセレンス【バーゼルワールド2016新作腕時計】

ドイツ時計産業の中心地として栄えたグラスヒュッテのウォッチメゾンたちは第二次世界大戦後、旧東ドイツ国営の G.U.B. として統合さ…

ページ上部へ戻る