© ブランド腕時計新作情報サイト【Watch Journal.net】 All rights reserved.

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8012520

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド【2015新作腕時計】


2014年末に突然よみがえったジャガー・ルクルトの伝説、ジオフィジック

その特徴的で高精度機然とした、端正なルックスを現代的なサイズ感で再現した復刻モデルは確かに魅力的ですが、伝説的な名機と言われるCal.478BWSBrを搭載したオリジナルに対して、同社のベーシックキャリバーを恐らくそのまま採用している点は、性能ではなく、話題性という観点において弱い、との個人的意見を持っていました。

もちろんオリジナルが登場した1958年から56年もの歳月を経た現代、名門マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトのコレクションを支える基幹ムーブメントが、半世紀以上も前に作られたいかなるムーブメントにも性能上で劣っているはずはないのですが、オリジナルが持つキャラクターを、より現代的に進化させた、もっとすばらしいジオフィジックを作ってほしい、という筆者の期待がそう思わせていたに違いありません。

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8018420

そして今年、この多くのファンが抱いたに違いない願いに対して、ジャガー・ルクルトからひとつの提案が届きました。

その外装は、1960年代から1970年代に主流を成した、シンプルなモダンデザイン。

中三針、ラウンドケースにペンシル針とバーインデックス、3時位置にデイト表示。

秒針の過剰気味なカウンターウエイトと、フランジ部に盛られた夜光インデックスが、さりげなくジオフィジックならではの個性を伺わせています。

そして文字盤上6時位置のジオフィジックのロゴとともに小さすぎる「トゥルー・セコンド」の表記。

この上質ながら大人しすぎると思える外装に、3つの際立った特徴を備える新設計のムーブメント、キャリバー770を搭載、意外が過ぎる秒針のステップ運針とともに、ジャガー・ルクルト伝統の反骨精神を大いに発揮した傑作といえるでしょう。

キャリバー770

その新設計のキャリバー770について触れておきましょう。

まずは特徴的なそのステップ運針について、これは機械式でありながら、クォーツ時計の特徴ともいえる、1秒ごとにジャンプする運針を指しています。

セイコーはスプリングドライブの説明に、振動したり、停止したりすることなどなく、ただ静かにスイープしていく、その特徴的な運針をもって、「途切れる事無く経過していく時間を、最も正確に可視化した」といった表現で説明していますが、このステップ運針はこれに相反して秒単位での飛び飛びの時間表示という、デジタル的概念に基づくものといえるでしょう。

その仕組みとしては、スプリングに蓄えた力を1秒ごとに放出することでステップ運針を作り出すのが一般的で、このキャリバー770においても同様と思われますが、この構造では一般的に部品の摩耗や、主ゼンマイのトルクロスにつながりやすい、すなわち精度やパワーリザーブへの悪影響への懸念が考えられますが、ジャガー・ルクルトは「精度を乱すことはない」としています。

キャリバー770

そして第二の特徴は「ジャイロラボ」と名付けられた、非円形のテンワ。

公式サイトによれば、これはテンワに発生する空気抵抗軽減のために積み重ねられた研究の成果であり、マスターコンプレッサー・エクストリーム・ラボに搭載するために2007年に開発され、8年間の熟成を経て今回の製品化にこぎ着けたといいます。

この特徴的なH型のテンワには緩急調整用のマスロットが取り付けられており、ブランド・ロゴの「JL」が形取られている点も見逃せません。

そして第三のキャリバー770の特徴は、リューズ1段引きで、単針の単独修正が可能となったことです。

オメガをはじめ、近年採用するメゾンが増えてきているこのシステムは、異なるタイムゾーンの時刻に修正を行う際に、秒針や長針を止めることなく素早く修正が可能という特長を持っています。

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8012520

さらにこのジオフィジック・トゥルー・セコンドでは、この新開発のムーブメントをトランスパレントのケースバック採用により可視化しており、昨年登場した復刻モデルが持っていた耐磁性のインナーケースは省略されていますが、様々な意味において玄人向けといえるこのモデルは、いかにもジャガー・ルクルトらしい、快作ということができるでしょう。


ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド(Jaeger-LeCoultre Geophysic True Second)仕様


Ref. 8018420

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8018420

ステンレススチールモデル

価格:102万5000円(税抜き)

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8018420


Ref. 8012520

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8012520

ピンクゴールドモデル

価格:202万5000円(税抜き)

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック トゥルー セコンド Ref. 8012520


以下、モデル共通

  • ケース径:39.6mm
  • ケース厚:11.7mm
  • トランスパレント・ケースバック
  • 5気圧防水
  • シルバー・グレイン文字盤
  • インハウスキャリバー770搭載
  • 28,800振動/時
  • 自動巻
  • パワーリザーブ:40時間
  • クロコダイルストラップ
  • ダブルフォールディングバックル

仕様、画像は公式サイトより引用。
ジオフィジック・トゥルー・セコンド | 高級時計 | ジャガー・ルクルト Eブティック(Ref. 8018420)
ジオフィジック・トゥルー・セコンド | 高級時計 | ジャガー・ルクルト Eブティック(Ref. 8012520)
ジャガー・ルクルト | 時計 スイス | マニュファクチュール 時計
ジオフィジック| Jaeger-LeCoultre
Jaeger-LeCoultre(facebook)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション イメージ

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション【2016新作腕時計】

1952年の初登場以来、ブライトリングの最も象徴的な存在として、世界中の時計ファンを魅了し続ける名機、ナビタイマー。 そんなナ…

シチズン:エコ・ドライブ ワン 限定モデル Ref. AR5014-04E イメージ

シチズン:エコ・ドライブ ワン【バーゼルワールド2016新作腕時計】

言わずと知れたシチズンの光発電クォーツ時計、エコ・ドライブ。 それは1973年の第一次オイルショック後、新しいエネルギー源の開…

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001【2016新作腕時計】

現代のオメガを代表するダイバーウォッチ、プラネットオーシャン。 今年のバーゼルワールドにて、マスタークロノメーターにグレードア…

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ・エクセレンス Ref. 1-36-01-01-02-01 デザイン

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ エクセレンス【バーゼルワールド2016新作腕時計】

ドイツ時計産業の中心地として栄えたグラスヒュッテのウォッチメゾンたちは第二次世界大戦後、旧東ドイツ国営の G.U.B. として統合さ…

ページ上部へ戻る