© ブランド腕時計新作情報サイト【Watch Journal.net】 All rights reserved.

ロンジン:ヘリテージ パルソメーター クロノグラフ

ロンジン:ヘリテージ パルソメーター クロノグラフ【バーゼルワールド2015新作腕時計】


ロンジン社長、ウォルター・フォン・カネル氏が「自分の趣味」と語る同社のヘリテージ・コレクションはここ数年で一気に拡充され、今やロンジンを代表するコレクションのひとつにまで成長しました。

今年のバーゼルワールドにおいて追加されたこのパルソメーター・クロノグラフには、1920年代前半に同社が製作したクロノグラフにインスパイアされたデザインが与えられました。

懐中時計を思わせる、丸みを帯びたラウンドケースには、シンプルなストレートラグ、古き良き時代のポーセリンダイアルを思わせるポリッシュド・ラッカー仕上げの真っ白な文字盤には、ブラック・プリントのレイルウエイトラックとアワーマーカー、そしてこのモデルのモデル名にもなっている、一際鮮やかな赤で刻まれたパルスメーター。

そしてそんなクラシックな文字盤と素晴らしい調和を見せるブルーのブレゲ針、さらにはリューズと同軸に配されたクロノグラフのプッシュボタンなど、国際的なオークションにおいて会場を沸かせる、歴史的タイムピースさながらの外観を与えられています。

それでも現代の腕時計としての実用性を犠牲にしないのがヘリテージ・コレクションの特徴ですが、このモデルにおいてももちろん、サファイアクリスタル風防と防水ケース、自動巻ムーブメントとデイト表示機能が与えられています。

ロンジン:ヘリテージ パルソメーター クロノグラフ

特に搭載するキャリバーL788.2はロンジン・エクスクルーシブであり、コラムホイール式のクロノグラフが与えられた、ミドルレンジらしからぬ高いクオリティを持つもの。

トランスパレントの裏蓋を通して、いつでもこの美しいムーブメントを鑑賞できるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

クラシックの表現においても、メカニカルな点においても、従来のコレクション以上にソフィスティケートされ、クオリティを上げた印象のこのモデルは、新たなカネル氏のファンを増やしていくに違いありません。


ロンジン:ヘリテージ パルソメーター クロノグラフ(Longines Heritage Pulsometer Chronograph)仕様


Ref. L2.801.4.32.2

ロンジン:ヘリテージ パルソメーター クロノグラフ

  • ステンレススチールケース
  • ケース径:40mm
  • 無反射コーティングが施されたサファイアクリスタル風防
  • トランスパレント・ケースバック
  • 3気圧防水
  • キャリバーL788.2搭載(ロンジン・エクスクルーシブ)
  • 28,800振動/時
  • 自動巻
  • パワーリザーブ:54時間
  • スイングピニオンクラッチ、コラムホイール式クロノグラフ
  • ブラウンアリゲーターストラップ
  • 価格未定

仕様、画像は公式サイトより引用。
The Longines Pulsometer Chronograph・Longines Novelties 2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション イメージ

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション【2016新作腕時計】

1952年の初登場以来、ブライトリングの最も象徴的な存在として、世界中の時計ファンを魅了し続ける名機、ナビタイマー。 そんなナ…

シチズン:エコ・ドライブ ワン 限定モデル Ref. AR5014-04E イメージ

シチズン:エコ・ドライブ ワン【バーゼルワールド2016新作腕時計】

言わずと知れたシチズンの光発電クォーツ時計、エコ・ドライブ。 それは1973年の第一次オイルショック後、新しいエネルギー源の開…

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001【2016新作腕時計】

現代のオメガを代表するダイバーウォッチ、プラネットオーシャン。 今年のバーゼルワールドにて、マスタークロノメーターにグレードア…

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ・エクセレンス Ref. 1-36-01-01-02-01 デザイン

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ エクセレンス【バーゼルワールド2016新作腕時計】

ドイツ時計産業の中心地として栄えたグラスヒュッテのウォッチメゾンたちは第二次世界大戦後、旧東ドイツ国営の G.U.B. として統合さ…

ページ上部へ戻る