© ブランド腕時計新作情報サイト【Watch Journal.net】 All rights reserved.

タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー ホイヤー01

タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー ホイヤー01【バーゼルワールド2015新作腕時計】


昨年のバーゼルで発表され、筆者自身も大いに期待を寄せていた新キャリバー、CH80がまだ発売に至っていない状況ですが、今回のバーゼルワールドにおいても、また全く新しいカレラが発表されました。

その姿はモダンでアバンギャルド、現代のタグ・ホイヤーらしいものに確かに見えますが、そのディテールは他ならぬ現タグ・ホイヤーCEOのビーバー氏が、ウブロにて文字通り大爆発させたビッグバン的なアプローチに満ちていることに気付いたのは筆者だけではないでしょう。

タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー ホイヤー01

搭載されるキャリバー、ホイヤー01は、「エドワード・ホイヤーへのオマージュとしてホイヤーの名を冠した」とのことですが、これは写真を見る限りにおいては1887のローターやコラムホイールなどの目に付きやすい部品の意匠を変えただけのようにも見えます。

もっとも、変えなくていいものを無理に変える必要はないのですが、近年、度重なる技術革新を繰り返してきたタグ・ホイヤーにあって、そのホイヤー01という名前は期待を煽るに十分なものと思えるのです。

タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー ホイヤー01

そのケースはチタニウムカーバイドコーティングが施されたステンレススチールで作られており、カレラの伝統的な3ピースケースではなく、12もの異なるパーツからなっているそうで「素材、色、加工、仕上げにおいて際限のない組み合わせが実現できるという点で、大きな可能性への扉を開くものです」、との説明に至っては、もはやウブロそのものと言っても良いでしょう。

どうも今回発表されたこのモデルについては、カレラ・アエロバンとでも名付けたほうが分かりやすいのでは、というのが私の偽らざる感想ではありますが、このウブロ的アプローチによって生まれたカレラは、それはそれで良い顔をしており、もちろんはじめに申し上げました通り、ホイヤーらしくも見える。

今や同じLVMHグループ内のシスターブランドであるホイヤーとウブロ、これらのプロダクトに共通点が増えてもなんら不思議は無く、逆にそれが何倍もの相乗効果を生むようになる可能性も大いに秘められている事に、何ら疑う余地はないのです。

今はまだ、出発点に立ったばかり。
是非今後のタグ・ホイヤーに注目しましょう。


タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー ホイヤー01(TAG Heuer CARRERA Calibre Heuer 01)

タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー ホイヤー01

※2015年4月15日現在判明している範囲での情報になります。


仕様、画像は公式サイトより引用。
【バーゼル ワールド】新たな<タグ・ホイヤー カレラ-キャリバー ホイヤー01>を発表 | 製品最新情報 | 製品情報 | タグ・ホイヤー Webマガジン | タグ・ホイヤー TAG Heuer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション イメージ

ブライトリング:ナビタイマー 1884 リミテッド エディション【2016新作腕時計】

1952年の初登場以来、ブライトリングの最も象徴的な存在として、世界中の時計ファンを魅了し続ける名機、ナビタイマー。 そんなナ…

シチズン:エコ・ドライブ ワン 限定モデル Ref. AR5014-04E イメージ

シチズン:エコ・ドライブ ワン【バーゼルワールド2016新作腕時計】

言わずと知れたシチズンの光発電クォーツ時計、エコ・ドライブ。 それは1973年の第一次オイルショック後、新しいエネルギー源の開…

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001

オメガ:シーマスター プラネットオーシャン 600m オメガ コーアクシャル マスタークロノメーター 39.5mm Ref. 215.30.40.20.01.001【2016新作腕時計】

現代のオメガを代表するダイバーウォッチ、プラネットオーシャン。 今年のバーゼルワールドにて、マスタークロノメーターにグレードア…

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ・エクセレンス Ref. 1-36-01-01-02-01 デザイン

グラスヒュッテ・オリジナル:セネタ エクセレンス【バーゼルワールド2016新作腕時計】

ドイツ時計産業の中心地として栄えたグラスヒュッテのウォッチメゾンたちは第二次世界大戦後、旧東ドイツ国営の G.U.B. として統合さ…

ページ上部へ戻る